トップページ > 活動報告

活動報告

座間の大凧(2日目)


座間の大凧まつり2日目、大ケガからの大復活を成し遂げた稀風!立てることすら難しいと思いましたが、みごと浮き揚がり多くの会場の皆さんからの大声援に答えました!そして今年は市内6校全ての中学校の凧が大空に舞いました!生徒達が、まちの伝統文化触れ、何かを肌で感じてくれたことだと思います!
なに不自由がない平和の世の中で、教科書の勉強は当然に大事ですが、教科書では学べない教育ということも重要ではと思います!

20170506-120170506-4 20170506-3

座間の大凧!


座間の大凧『稀風』会場の皆さんの気持ちがひとつとなり、天高く舞い揚がった!今年の文字は、稀勢の里関の日本人力士として19年ぶりの横綱昇進を祝し、験を担ぎ文字が決定されました!稀風のように座間の子ども達をはじめ未来を担う子ども達が健やかに成長し力強く育ってくれることを願います!

20170504-3 20170504-4 20170504-6 20170504-7

熊本県被災地視察


先輩議員である、小田原選出の守屋議員にお声を掛けていただき、同僚議員5名で熊本に視察に来ています!はじめに奇跡の集落とされ、NHKなどにも取り上げられた西原村役場に伺い、村長さん、議長さんに直接話を伺いました!前震ではほとんど被害はなく本震で大きな被害を受け、村全体にあたる2割を越える家屋が全壊、約6割が半壊など9割近い家屋が全半壊となりました。本震直後、40名を超える方が生き埋めとなり残念ながら5名の方が犠牲となりましたが、その他の方は奇跡的に無事に救出されました!村長の話では決して奇跡だけではなく日頃からの防災意識の高さ、平成15年から隔年実施している発災対応型訓練の成果、そして何よりも255名の消防団の力が大きかったと言っておりました!団員の方が倒壊したお宅の家族構成や驚いたのは寝ている場所まで把握をしており、ピンポイントで屋根などを開口してそこから救出をしたとのことで、これも発災対応型訓練の成果であります。余震が続く中での作業で二次、三次被害に合わないためにも徹底されていたとのことです!そしてその後の復旧作業も急ピッチで進められ、特に元消防団長でもあり、元建設会社であった村長の的確な判断、決断力、職員の方の責任感、使命感、そして村民の結束力、村の絆の深さを感じました!また、新しい道路を整備するにあたり、ひとりの職員が地元でもあることから用地交渉を1週間で纏め、その道路が半年で整備がされたとのことでビックリです!
その後、現地を視察し県庁に向かい、震災対応等の説明をレンジャー部隊出身である元自衛官の危機管理防災企画監の方から説明を受けました!実際、熊本地震では県災害対策本部オペレーションの責任者として、震災対応の指揮をとられたとのことです!自衛隊での経験を活かし、自衛隊方式を導入するなど円滑に初動を指揮し被災自治体や実動部隊等との調整役を担い、迅速な指揮体制の確立や救援活動につなげたなど、災害対応に自衛隊方式を積極的に導入をしたとのことです!これまで熊本県では地震というより風水害に力を入れてきており、全国に先駆け『予防的避難』や、あらかじめ時系列で整理したタイムラインに教訓を反映させることや土砂災害特別警戒区域住宅移転促進事業を導入するなど風水害予防に対して先進的な県です!地震対応においては、一昨年より地震想定を導入し、昨年は総合防災訓練改革2年目の訓練が行われ、今年度は熊本地震の教訓を踏まえた課題対応訓練に変更をする予定とのことです!訓練や防災センターの改革、支援物質の拠点配分の問題、災害時の行政の役割など防災とは何だということを丁寧に説明をしていただき、多くのことを学べ、我が神奈川にしっかりと活かしたと思います!
そして本日は全国で一番最初に施行された、家庭教育支援条例の取り組みについて伺いました!全国的に少子化や核家族化の進行、地域の繋がりの希薄化など、社会が変化しているなか、過保護、渦干渉、放任など家庭の教育力の低下が指摘されています!子育てに対しての悩み抱えている、若いお母さんも多く存在しており、近くに相談する人がいないなどの声を耳にします!少子化解消への取り組みとしても、安心して子どもが産め、育てられる、生の声を聞くなどして寄り添った環境づくりというものが重要であります!そして今後、さらに行政の役割が重要になって行きます!国でも教育支援法に向けての動きがありますが丁寧に説明をして理解を求め進めていくべきと考えます!熊本県での条例策定までの流れ、条例施行後の取り組みなど非常に勉強になりました!
二日間と短い時間ではありましたが、多くのことが学べ充実した視察となりました!これも自民党青年局中央常任委員会、前議長であり、熊本県議会議員溝口幸治副議長のお力のお陰であり感謝いたします!

20170425-420170425-120170425-220170425-320170425-620170425-5 20170425-8 20170425-9

春の交通安全パレード


昨日の相模が丘さくらまつり『春の交通安全パレード』では、神奈川県警女性白バイ隊員ホワイトエンジェルスがパレードの先頭で華を飾っていました。日々、座間市民の為にありがとうございます!

20170403-620170403-7

かながわ自民党県連大会開催!


かながわ自民党県連大会開催!!
地元の方も優秀党員として2名の方が表彰を受けました!最後に青年総局長として頑張ろうコールではなく、頑張るぞ!コールに
午後は防衛セミナーに出席

20170318-1 20170318-2 20170318-3 20170318-4

自民党大会へ参加!


自民党青年局「靖国神社昇殿参拝」の後、84回自由民主党大会に出席!ゲストとして、箱根駅伝3連覇を成し遂げた青山学院大学の原監督がコーディネートした、卓球の福原愛選手などアスリートによるディスカッション!
総裁演説では安倍首相から、更なる安定した長期政権や日本の未来に向けての力強い演説!

20170305-1 20170305-3 20170305-4

自民党青年局大会!


午前中は地元の行事参加後、党本部で開催された自民党青年局中央常任委員会自民党全国青年部長・青年局長合同会議・自民党青年局・女性局合同全国大会に出席!青年部長、青年局長合同会議では無所属会派議員の問題について発言をし、茂木政調会長から説明をいただきました!
合同会議終了後には昨年、新潟県糸魚川市大規模火災で被害を受けた、新潟県連 小林一大青年局長へ、今年の成人の日に新横浜駅前で行った被災地応援街頭募金活動でいただいた義援金をお渡しをいたしました!
また、全国大会では相模原市緑区の女性局、かながわ自民党前青年総局が表彰を受けました!これから懇親会です!

20170304-1 20170304-2 20170304-3 20170304-820170304-7

鈴鹿明神社氏子青年会研修会・新年会


昨日は鈴鹿明神社氏子青年会研修会及び新年会でした!
富樫権祢宜さんに境内の説明をお聞きしましたが、知らないで誤った参拝をしてたこと等、多くのことを学ばさせていただきました!
その後、古木名誉宮司から講話をいただき、宮司に就任された当時のお話の中で今とはかなり異なり、地元の事情、神社を運営をしていく中で様々なご労苦があったからこそ、今日の神社があるということを強く感じました!そして講話の中で、私たち人間は生きているのではなく、生かされているんだと感謝の気持ちを忘れてはいけないと!そのことを伺い改めて昨今、私たちは何の不自由もなく生活をし、何もかもが当たり前の世の中、もう一度生かされているということ、先人達が築いてきた伝統文化をしっかりと守り、日本人として誇りを持ち続けていきます!貴重な話を伺えたことに感謝です!

20170227-4 20170227-3 20170227-6 20170227-7 20170227-1 20170227-2

恒例の鈴鹿明神社節分祭


地元、鈴鹿明神社節分祭後は、自民党中央常任委員会に出席!
消防団、神輿保存会入谷睦、氏子青年会の皆さん、お疲れさまでした!

お手伝いも出来ずに申し訳ありません

1 2 4 3

本日の広報活動!座間駅東口・小田急相模原駅


おはようございます!今シーズン最強の寒波到来で日本海側では大雪となっております!寒さのピークは明日、明後日で北日本と東日本、日本海側を中心に大荒れの天気になるとのことです!それらの地域の方々は厳重に注意をしてください!今朝は座間駅東口、昨日は小田急相模原駅頭で広報活動!この寒い中を青年局メンバーに連日参加をいただき感謝です!この週末一段と寒さが増します、体調を崩さぬようお過ごしください!

20170113-1 20170113-2 20170113-3 20170113-4 20170113-5 20170113-6 20170113-7 20170113-8 20170113-9 20170113-10